クマを隠すのに適したコンシーラーの選び方

クマを隠すのに適したコンシーラーはどのようなものなのでしょうか?
クマを隠すのに適したコンシーラーの選び方のポイントを紹介します。

●クマの種類によって色を変えておく
基本的に色素沈着やくすみが原因の茶色っぽいクマの場合、イエロー系のコンシーラー。
血行不良が原因の青っぽいクマの場合、オレンジ系のコンシーラー。
といったようにクマの種類に応じて色を使い分けることが大切。
こうすることで、仕上がりもナチュラルな肌になります。

●自分の肌に極力近い色か少し明るめの色を選ぶ
肌より明るすぎるとクマが目立ってしまったり、暗すぎると全体的に暗い印象を与えます。
気になる方は、店員さんと相談して色を決めてもらうと無難です。
また、基本的にクマがある場合は、ファンデーションをつけずコントロールカラー&コンシーラーでカバーすることがおすすめ。
下地→コンシーラー→ファンデーション→フェイスパウダー
といった順番で塗るのが基本。

コンシーラーを使いこなすことで、肌の美しさをしっかりアピールすることができます。
ただ、コンシーラーばかり使っていると肌には良くありません。
きちんと問題を治すことも視野にいれた上でコンシーラーを使うことが大切です。