下地、コンシーラー、ファンデ、日焼け止めの塗る順番

「下地、コンシーラー、ファンデ、日焼け止めの塗る順番がわかりません。」
こういった質問をされている方も少なくありません。
ここでは、下地とコンシーラーとファンデと日焼け止めの効果的な塗る順番を紹介します。

もちろん、日焼け止めを塗る以前に行う必要がありますよね。
基本的には、
1.洗顔
2.化粧水で保湿
3.乳液かクリームでふたをする
といったもの。
当たり前のことかもしれませんが、ベースメイクに入る前にきちんとやっておくことが大切です。

では本題に入ります。
基本的なベースメイクの流れとしては、
①日焼け止め
②化粧下地
③コンシーラーやコントロールカラー
④ファンデーション

⑤ポイントメイクやルースパウダーなどで仕上げ
といったもの。
日焼け止めを使わない場合は、化粧下地から入ります。

ベースメイクの順番を間違えると、化粧崩れやヨレなどの原因になります。
たとえば、化粧下地を塗らないでファンデーションやコンシーラーを塗ると毛穴が詰まりやすくなります。

ファンデーションのあとのポイントメイクは好きな順番でOK。
ファンデーションで終了している方は、仕上げはルースパウダーを一振りすることをオススメします。

これだけで、化粧崩れしづらくなりナチュラルメイクにより近づけます。